医療事務関連資格はなんと10種類以上あるんです!

医療事務関連の資格は、診療報酬請求事務能力認定試験、メディカルクラーク検定、医療事務管理士検定など10種類以上にも及んでいます。
資格が多岐にわたっている理由の一つは、国家資格や公的な資格でないということが挙げられます。
資格を取得するための試験は、複数の団体や法人が主催しており、それぞれ特徴があるので特徴をしっかり理解しておくことが大切です。
診療報酬請求事務能力認定試験は、10種類以上ある資格の中で唯一の国家認定資格です。
そのため医療保険制度や診療報酬及び介護保険制度など幅広い知識が求められます。
そのため他の試験と比べると、難易度はかなり高くなっています。
メディカルクラーク検定は1級、2級が設けられています。
共に受験資格が設定されているので、受験資格を満たす必要があります。
医療事務管理士検定は、医療制度や保険請求事務と求められる範囲が広いことと、実技試験にレセプトの作成があることが特徴です。
事務系資格おすすめは?今口コミで人気なのはどれ?【就職に有利な資格】