ETCカード作り方は?おすすめは?どんな人でも作れることはありません

個人で作れるETCカードはクレジットカードのオプションとして追加できるETCクレジットカードとETC機能しか持たないETCパーソナルカードがあります。

ETCクレジットカードはクレジットカードを持っていないと作れません。

従ってクレジットカードの審査に合格する必要がありますので、誰でも作れるというカードではありません。

一方、ETCパーソナルカードはクレジットカードは関係なく、審査の換りにデポジットと呼ばれる保証金を預託することによって、誰でも取得することができるETCカードです。

申し込みは郵送のみでオンラインでは申請できません。

デポジットの金額は年額と月額の利用見込み額を申請して、ETC事務局が決定し通知してきます。

概ね、申請額の4倍の金額になるようです。

このように、デポジットが預託できる人は、個人信用情報がブラックでもETCカードを作ることができることになります。