楽天カードのETCカードは還元率が良いって評判は本当?

最近楽天カードのETCカードを作ろうと思って調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、楽天カードのETCカードは車載器がなくても利用可能ということです。

車載器が壊れてしまった時などの場合、ETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば処理してくれるので通行可能になります。

係員に手渡しで利用する場合、ETCが導入された理由として人件費削減や渋滞の解消が目的となっており手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用ポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや休日割などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は車載器を付けましょう。

皆さんは普段、高速道路を利用する時に楽天カードのETCカードは利用されていますか?

もし利用していないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引などいろいろな割引を行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなく通過できます。

楽天カードは現在一番人気のETCつきクレジットカードなんですよ。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方はお持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。

知っているようで知らないルールってありませんか?

例えばETCの正しい使い方・注意点はどうでしょうか。

NEXCOのHPで正しい使用方法の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

乗車後に車載器にカードを挿入することになりますがオモテ面ウラ面などカードの向きが違うと認識されません。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせず、インターフォンで料金所係員の指示に従うようにしましょう。

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か挙げておきます。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できるのが人気です。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですが楽天カードのETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率が非常に高いのですぐに元が取れます。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?

ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調査では平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

料金割引に関して木更津?

川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用では800円とかなりの差額が出ています。

また、親となる楽天クレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いを楽天カードのETCカードで払えるということです。

料金所でカードを料金所係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETC利用時は入口?

出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?

出口の通行に関する情報がわからないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えて処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

長期休暇を利用して友達と車で旅行をする際に首都高をはじめとした高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのが楽天カードのETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば料金所渋滞に悩まずに進めます。

楽天カードのETCカードを作るにはクレカを申し込む必要があり、楽天クレジットカードをすでに持っている場合は問題ないですが新規でクレカを作るときには入会審査が必要になります。

また、クレジットカード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを見つけてください。

ガソリンスタンドで給油する際にいろいろな支払い方法が選べます。

最近楽天カードのETCカードを作ろうと思って調べていたところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?

カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

プライベート用やビジネス用でカードを分けている場合、確定申告用に利用履歴や明細を集める必要があります。

これは楽天カードのETCカードでも同様の確認が必要です。

クレカでは各カード会社のwebサイトで照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

出張などでレンタカーでETC利用した明細が必要ならば照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカを持つのが不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安にデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできれば何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路を使って遠出する際に料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果として言うとバイク用のETC車載機も販売されています。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操縦性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスイスイ料金所を通過できてお得な楽天カードのETCカードですが高速道路を利用しない時のETCカードを皆さんはどう管理していますか?

ネット上を見てみると多くの人が同じ疑問を持っていたようです。

挿しっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には様々なトラブルが発生しているようで認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカーで挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できれば高速道路を使うときだけ挿して使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

1、2年ほど前からキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

車で旅行をするということは高速道路を利用しますよね?

高速道路を利用する際に楽天カードのETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後に利用料金を確認しようとETC利用照会サービスを使おうと思ったら事前準備が必要になります。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「楽天カードのETCカード番号」、「ETCを利用した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカーで利用した場合、車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

他のレンタカーなどで楽天カードのETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録したカードについては複数車両で利用するときの登録は不要になります。

楽天カードのETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、急なトラブルに焦ってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

仮に紛失だったとしても絶対に警察への届け出をしてください。

届けを出したら次はカードの発行元への連絡になります。

楽天市場を使う人は楽天ETCカードがお得ですね。

ETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

連絡できる時間が限られているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いや連絡手段の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルが用意されています。

買い物などの色々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行している楽天カードのETCカードで高速を利用するだけでもポイントが付与されるのを知っていますか?

一例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにクレカとETCで同率付与されるカード会社もありますが、多くの場合ではETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

また、最近は少ないですが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった面から選ぶのもいいかもしれません。

楽天カードの明細書は、印刷された明細書を郵送で送ってもらうと82円の料金がかかります。

Web明細に登録すると明細書の郵送は停止されますので、その後はインターネットで「楽天e-NAVI」へアクセスして明細と請求額を確認することになります。

ユーザー名とパスワードの入力だけで簡単にログインすることができ、整然としてるので非常に見やすいです。

又、楽天カードの場合、カードが利用されると数日後にはメールで通知が来るので、不正利用の管理もしやすく安心です。

更に、月の締め日前にもメールが届き、決済時期が近いので確認するように促されます。

万が一、支払いがピンチな場合でも、確認画面でリボや分割払いの設定ができるので、しっかり管理していれば残高不足になることはありません。