教育ローン審査甘い?カードローンに通りやすい人は?

教育ローンについてご紹介します。

教育ローンとはローンの使い道が教育関係の限定されたローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費の入学金のためにローンを組む場合が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の学校であっても利用対象となります。

融資してくれる金融機関は銀行やノンバンクです。

注意点は融資先によっては、保育園の費用や習い事には教育ローンが適用されない事があります。

教育ローンの受け取り方のひとつに一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

要は住宅ローンのように一括で入金されるタイプの融資です。

銀行が提供している教育ローンの場合この一括タイプになります。

一括借入れ型の特徴といえばローンが契約成立したら、並行して返済金額が確定されるということです。

返済計画が立てやすいというメリットがありますが追加資金が必要になった場合は新たにローンを組まなければなりません。

学生本人が教育ローンを利用するというのは基本的には出来ないと言えるでしょう。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は貸付契約がきちんと行える人物である必要があります。

そのためには借入者が成人であることや安定継続した収入があることは不可欠です。

更に現在の職場を辞める予定がないことや家賃、光熱費、保険料などといった生活費のすべてを自分の稼ぎで支払えているかも重要な要素になります。

ですから、国の教育ローンではなく銀行の教育ローンのほうが審査が通る可能性は高いと思います。

埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

りそなの教育ローンは変動金利になりますので年に2回金利が更新されます。

現在の店頭表示金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人であれば、割引金利1.80%が適用されます。

最大500万円まで借入可能で返済期間については最長14年まで借入可能です。

在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに入学金を払ってしまった後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットがたくさんあります。

教育ローンを提供している金融機関は銀行や信販会社などたくさんあります。

その中でおすすめは国の教育ローンです。

銀行などと比較すると最高融資額は350万円と少なめですが、年利1.76%で安心の固定金利なので利息が大幅に膨らむ心配はありません。

使途は大学や高校以外にも中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

融資の使い道も入学金や授業料にとどまらず受験料や受験時の交通費・ホテル代などといった支払いにも認められています。

教育ローンを比較するならランキングサイトの利用がおすすめです。

いちいち金融機関を回ったり資料請求する手間はかかりません。

金利や借入可能額など知りたい情報は表になっているので一目で比較ができます。

表の中には、来店の有無やローンのお勧めポイントやメリットなど細かく掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いのでとても便利です。

教育ローンの申し込み方を簡単に解説します。

申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。

郵送の場合は先に電話などで申込書を請求してください。

その後書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。

仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

無事に仮審査の申し込みが完了しましたら受付けしましたというメールが届くはずですので必ず確認してください。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資機関によって差があります。

金利が低いところでは1%台からあるのですが、高いところでは10%近いものもあります。

銀行であれば口座を作ることで優遇金利が適用される場合があります。

金利の計算方法というのが、2種類あり固定金利と変動金利というものがあります。

近頃は低金利の時代ですので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

教育ローンの返済方法をお知らせします。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。

利息に関しては、借りた日の翌日から発生するのですが、在学中は利息分の支払だけでOKというローンもあります。

返済期間は医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

ですが、返済期間が長くなればなるほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。

教育ローンと言っても借金であることは間違いないので事前に返済シミュレーション行い、返済計画をきちんと立てることが重要です。

高校生の学費といっても私立であれば年間70万円以上も学費が必要になります。

学費が払えない場合どのようなことになるか?最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納すると除籍もしくは退学を迫られる可能性がでてきます。

学費の支払が滞ってるとなると解決方法には借金しかありませんが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。

日本政策金融公庫が管理する教育一般貸付(国の教育ローン)なら世帯年収が低い方のための教育ローンですので安心して借りることができます。

教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

参考:教育ローン審査甘い?低金利でおすすめの銀行一覧【審査基準】

教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生自身に貸し付けられるお金です。

貸し付け方も異なっており、教育ローンは一括で振込ですが奨学金は毎月一定額が振り込まれるというものです。

利息についても両者には違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのですが、奨学金は在学中には利息が発生しないのです。

返済開始の時期は教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金は卒業後から返済していくことになります。

教育ローンといえどもローン契約に変わりないので融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受けるにあたって、いくつか用意しておくものがあり、本契約までに全て揃えておかなければなりません。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票や確定申告書など、収入証明は必須となります。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

ですが、何より一番重要な書類は在学を証明できる書類であったり、合格が確認できる通知、入学許可書ということになります。

学校に通うためにアルバイトしているという人でも収入があれば教育ローンを申し込むことは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。

ローンを契約するにあたり、安定した収入が必須となっている金融機関も多いので勤続年数は長いほど有効とされます。

返済能力も融資を受ける上で重要なポイントなので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。

いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きく返済期間も長期間にわたるので余裕を持って返済することが可能です。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb手続きだけで完結する銀行が多くなり利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込みOKなローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、給与振込や住宅ローン利用でもその銀行を利用していれば金利を優遇してくれる銀行もあります。

国が貸してくれる教育ローンを知っていますか?国の教育ローンは日本政策金融公庫(財務省所管の特殊会社)が取り扱っています。

教育一般貸付と言う名前のローンで、最高350万円までローンを組むことができます。

教育一般貸付は年1.76%という低金利のほか固定金利ですので利子の不安は最小限と言えるでしょう。

所得や子供の数によって融資可能な年収の上限額が変わります。

資金の用途は民間の融資機関よりも幅広く修学旅行費用や、学生の国民年金保険料などにも使うことができます。